ニーズが高い社会保険労務士|通信講座を活用して勉強しよう

x
勉強する女の人

他の受験生に差をつける

講師

小論文は、対策をしなくても受験を突破できるという簡単な科目ではありません。ただ文章を読んで日本語を書けば良いという代物ではないのです。一般的に大学受験は、国語、数学、英語といった一般科目の勉強をメインに勉強するという人が多いので、ほとんどの受験生が小論文の対策に時間を割きません。しかし、小論文ほど対策をたてないことがもったいない受験科目はないと考えられます。小論文は対策に時間を割いて何回も添削を受けることで確実に力をつけることができます。他の受験生が小論文対策に時間を割かない分、より差をつけることができる受験科目であると考えることができます。また、小論文は論理力を問われる受験科目であることから、他の教科の問題文を読み解く力も伸ばすことができます。

多くの受験生が、小論文と作文を混同して考えていますが、この二つは異なります。作文は、テーマに関して自由に文章を書き並べることができることに対して、小論文は、ある事柄について自分の意見を述べ、それを相手に説得する文章を書かなければなりません。文章の読者を納得させるには、論理的に自分の主張を書いていくことが必要になります。

小論文の対策は独学で行なうことはなかなか難しいです。自分の文章が読み手の納得を得るような論理的なものになっているかどうかは、第三者の添削を受けなければ分かりません。大手予備校や通信講座では、小論文の力を高めることができる小論文添削を行なっています。入試科目に小論文を選択する受験生は、小論文添削講座についても調べると良いでしょう。